■クリック応援お願いします
スマホ片手にひとり旅 ブログランキング
人気ブログランキング

にほんブログ村 旅行ブログへ
日本ブログ村

※ブログランキングに参加しています※1日1回応援のクリックお願いします
Please click and aid me. This blog has participated in blog ranking.


■お薬のんでる人の準備すること、まとめました。
スマホ片手にひとり旅 お薬飲んでいる人の海外旅行準備リスト まとめました
出発の1~2カ月前から準備しましょう!
■お問い合わせ先
スマホ片手にひとり旅 メールその1
ご質問・相互リンク依頼等お問い合わせはこちらから。
ポルトガル・ベルリン(ドイツ)旅行でのちょっと「?」なところ、管理人MIKOのわかる範囲でお答えします♪
お気軽にお問い合わせください。

■このブログの管理人について

Author:ぽるとげーざ MIKO
当ブログへようこそ!

■30女が旅に出るまでシリーズ

スマホ片手にひとり旅 30女の暴走ひとり旅編

当ブログ、管理人MIKOがひとり旅にでるまでの軌跡。
ヘタレなんて言わないで。
■最新コメント

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【九份&十分行き方まとめ】個人やフリーで行く方向けの行き方まとめ&参考サイトリスト作ったった!

今回の台湾旅行でも、大変楽しかった九份・十分。
とはいえ、ツアー旅行だった為に自由に回れず、不完全燃焼なのも確か。
というわけで、次回の自分リピート時の覚書も兼ねて、九份・十分の行き方を、以下にまとめてみました。
これから九份に行く予定の方もぜひ参考にしてみてください。
それにしてもまとめの書きこみ&参考URLリストまとめっぷりに、当方の本気度がにじみ出てます。
たぶん今、パソコン前でドヤ顔中(笑)



↓続きをよむ、その前に↓
スマホ片手にひとり旅 ブログランキング
※ブログランキングに参加しています!
※応援のクリックお願いします!















スマホ片手にひとり旅 九份行き方



※行き方※

【台北市内~十分~九份】

「台北駅」から基隆行き普通列車(區間車)に乗り「八堵駅」へ。
 ↓
「八堵駅」で平渓線・菁桐行きに乗り換え。
 ↓
「十分駅」下車。



十分散策後…


十分駅から平渓線で瑞芳駅へ。
 ↓
瑞芳駅前から「基隆客運バス・金爪石行きバス」で
九份老街(以前の舊道バス停)または九份バス停下車。
バス運賃はNT$22(2014年1月)。


もしくは瑞芳駅からタクシー利用。
その場合、瑞芳駅~九份 で一律NT$180。



平渓線で途中下車の旅をするつもりなら、台北駅12番窓口で平渓線1日乗車券を購入。
ただその場合、平渓線に入る瑞芳駅で一度清算してから、平渓線1日乗車券を使う可能性が高いと思われます。
もしくは平渓線と同じ線を使っているらしい八堵駅でも平渓線1日乗車券が買えるようですが、売り場が乗り場から離れているそうなので、台北駅から出発する方は台北駅で買っておいた方がいいようです。
(情報元:江ノ電サイトより「台湾・平渓線との乗車券交流キャンペーン」)


今回電車を使っていないので、どこからチケットを利用できるのか、そのあたりがハッキリしないのです。
どなたかおわかりになるかた、コメント欄やメールでアドバイスいただけると助かります(切実
現状では、平渓線1日乗車券購入時に、窓口で


------

我想訪問 十分。
(わたしは十分を訪問したいです)

我,想在在平溪線的途中的車站也下車。
(わたしは平渓線の途中の駅でも下車したいです)

對為此,我想要這個車票。
(そのために、わたしはこの乗車券(※画像:平渓線1日乗車券を指さしながら)がほしいです。)

十分 對去到,請銷售除了這個車票以外需要的車票。
(十分に行く為に、この乗車券以外に必要な乗車券を販売してください。)

------


と、書いたメモを見せるのも手だと思います。
これは翻訳サイトで、中国語(繁体字)に直したものなので、たぶんちょっとおかしい文章だとは思うのですが、ともあれ、大まかな意味が相手に通じればなんとかなります!(笑)
台湾は比較的日本語をわかってくださる方が多いとは思いますが、チケット売り場のかたがそうとは限りません。英語もしかりです。


ですので

現地の言葉で、
あらかじめ
尋ねたい・確認したいことを
翻訳サイト等で翻訳しておいて、
それを相手に見せる。


そして、
答えをもらう時は、
口頭ではなく、
筆記で書いてもらうようにする。


なるべく、
回答は「Yes/No」や、
単語で応えられるような
質問の仕方にしておく。



このポイントで、質問をまとめておけば、言葉がわからなくても結構なんとかなります。
実際ヨーロッパひとり旅では、この方法で英語力他語学力のなさを無理矢理カバーしました!(笑)
もちろん、最後には笑顔でお礼を♪


また、十分だけ・九分だけ、というなら1日乗車券ではなく、悠遊カード(http://www.tabitabi-taipei.com/kihon/stay/mrt.php)で台北の改札から十分まで行ってしまう方がお得です。


ちなみに、台北市内から十分への行き方は

台湾旅行記 台北編02
 鉄道好きさんにもオススメなノスタルジックな十分へ&電車での行き方



十分から九份への行き方は

台湾旅行記 台北編04 十分から九份へ
 ~ 電車&バスでの行き方メモ有リマス ~



にもまとめてあります。
特に前者(台湾旅行記 台北編02)には、台鐡(日本で言うJR?)サイトの時刻表検索の仕方もまとめていますのでご参考ください♪



【台北市内~九份】

※電車で
「台北駅」から基隆行き普通列車(區間車)に乗り「八堵駅」へ。
 ↓
「八堵(パードゥー)駅」で平渓線・菁桐行きに乗り換え。
 ↓
「瑞芳(ルイファン)駅」下車。

瑞芳駅前から「基隆客運バス・金爪石行きバス」で
九份老街(以前の舊道バス停)または九份バス停下車。※おすすめは九份老街下車。
バス運賃はNT$22(2014年1月)。

もしくは瑞芳駅からタクシー利用。
その場合、瑞芳駅~九份 で一律NT$180。



※バスで
MRT「忠孝復興駅」前 2番出口から出ている、
「基隆客運バス・金爪石行きバス」(路線番号:1062)に乗車
※路線図や時刻表の調べ方はこの記事下部にまとめ有。
 ↓
九份老街(以前の舊道バス停)または九份バス停下車。※おすすめは九份老街下車。


悠遊カードで乗る場合は、乗車時と降車時にかざします。
料金は悠遊カードだとNT$90、現金だとNT$102
(2014年6月現在:参考URL:http://www.kl-bus.com.tw/Content/routeContact.aspx?t=3&id=5)


なお、台湾のバスは、バス停で待っていても「乗るよ!」と意思表示しないと、バスは停まってくれません。
乗るバスが来たら、横に手をあげて、乗る意思表示をして、バスをとめてください。


また、上の忠孝復興駅(というか台北市内から)の九份行きバスは途中高速道路を通るため、立っての乗車ができません。
そのため、満席になると次の便に乗らなくてはいけません

そのつもりで早めに並んだ方が良さそうです。



※参考サイト※
■エキサイト翻訳(中国語)
http://www.excite.co.jp/world/chinese/

■江ノ島電鉄:台湾・平渓線との乗車券交流キャンペーン
http://www.enoden.co.jp/info/heikeisen.html
※平渓線観光の参考にも♪
http://www.railway.gov.tw/Upload/UserFiles/20130529_02.pdf
※意外と販売駅等、旅行ガイドブックに記載があまり見られない情報が載っていて重宝。

■台北ナビ:EASYCARD(悠遊カード)
http://www.tabitabi-taipei.com/kihon/stay/mrt.php
※このページ下部に案内有。

■悠遊カード
↑ウィキペディアの該当ページが開きます。
※使用できるバス路線やサービス(ショップ)、購入場所等が載っていて便利です。

■台湾のバスの乗り方
↑all aboutの該当ページが開きます。

■基隆汽車客運(九分行きへの高速バス会社)
http://www.kl-bus.com.tw/index.aspx


スマホ片手にひとり旅 九份行きバス02
http://www.kl-bus.com.tw/index.aspxから基隆汽車客運のサイトに行き、トップページ右側の「国道客運路線」をクリック。




スマホ片手にひとり旅 九份行きバス03
九份行きバス路線である、1062から、路線図や運賃、時刻表が確認できます。





■MRT忠孝復興駅周辺地図
↑グーグルマップの該当ページが開きます。

スマホ片手にひとり旅 MRT忠孝復興駅周辺地図 九份行きバス停

地図の赤線でかこってあるところが、九份行きバス停です。
どうもインターネット上で調べていると、この数年で乗り場が変わっているようなので、必ず、行く時は再度、グーグルマップや各運行会社サイト等で、最新の情報を確認してください。
最新版のガイドブックも、出版される頃にはすでに変更されてたり…なんてことは珍しくありません。
バス停の名前まで変わってましたしね…
例:前は舊道バス停→今は九份老街バス停



長らくお付き合いいただき、ありがとうございましたー!
たぶん、これで九份・十分、ひとり旅でリピートする際も自力で行けるはず!
…と、思います(笑)



↓再訪する気満々だわこの人…↓
↓そう思ったアナタも↓

スマホ片手にひとり旅 ブログランキング
※ブログランキングに参加しています!
※応援のクリックお願いします!



THEME:台湾旅行 | GENRE:旅行 | TAGS:

COMMENT

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

EDIT COMMENT

非公開コメント

■お気に入りに追加


■海外旅行おすすめクレジットカード
スマホ片手にひとり旅 海外で使うなら楽天カードが良かったです
想像以上の使いやすさでカード維持費無料とコスパも良し!
■おすすめ海外旅行保険
スマホ片手にひとり旅 治療中・お薬のんでる人向け おすすめ海外旅行保険
↑ ブログ記事で紹介中! ↑
■渡航先でもいつものスマホを使う方法
スマホ片手にひとり旅 レンタルwifi自分が使うなら
■お気に入りサイトさま
→ニュー・ブログ・パラダイス
(ブロパラ)

様々なジャンルのブロガーさん達が寄稿しています。不肖わたくしmikoもたま~に寄稿させていただいてます。
→CINESE☆中国生中継
中国方面の旅日記が特に充実。
台湾行く予定の方は「台湾ひとり旅」必見です!

→CINESE☆中国生中継blog.ver
先にご紹介したCINESE☆中国生中継のチコさんのブログ。
→ちょっとSE的な生活を送る人のブログ
台湾旅行の際のスマホネット接続でとても参考にさせていただきました。 特にSIM関係は国内・台湾ともに情報充実ですごく助かりました~!
ワキミチ見て歩き…ほぼイタリア
観光人気ナンバー1(!?)イタリア個人旅行記やんぴさまのブログ。 ほぼイタリアとありますが、個人旅行・ひとり旅予定の方は、こちらのブログの「旅のイロイロ」要チェックです!
→戦国時代を追いかけて日本の歴史つまみ食い紀行
当方戦国歴女ではないのですが、欧州史から日本史にも興味が…。こちらは「現場で歴史を体感する」をモットー? 郷土史や神社、能やNHK大河ドラマが好きな人はぜひ。写真がいい味出されてて大好きです(笑)
→ビール好き女子が海外を行く!!ぷはぷは旅行ブログ
リアルタイムに感じられる旅行記が楽しいブログ。現在パリ旅行記更新中ですが、スペイン・ベルギー・カンボジアの旅行記も。個人的には南欧の風薫るスペイン旅行記がお気に入り♪
→Rachelの散歩道
Rachelさまの女性らしい細やかな目線での旅の足跡がつづられています。現在はパリ更新中。イメージは「大人の世界街歩き」。貴族の館とか美術館内の部屋のつくりや調度品を見るのが好きな方に見ていただきたいブログ。
→Living in Germany ~ドイツで暮らす~
ポルトガルの次にわたしの大好きな国ドイツ。そんなドイツで実際に暮らしてらっしゃるmiyabiさまのブログ。ドイツの日々のこと、旅行のこと、わたしの大好きなドイツの製品の話が綴られています。
→パリsozoroプロムナード
パリの一場面。一場面。1日の終わりにこっそりそっと楽しませていただきます。
→笑うしかない!LA・ベルリン生活
わたしのイメージではベルリンってクリエイターさんがいっぱいいる。そんなベルリン在住・スシキャットさまのブログ。ホント笑うしかないですいい意味で!(笑)
→カタルーニャの葡萄畑から
スペイン・カタルーニャ州在住のpenedescatさまのブログ。旅情報もおすすめですが、現地に住んでいるからこその淡々としたユーモアあふれる日々の話がグッときます。スペインで手に入る素材を使ったお料理記事もお気にいり。
→ロンドン発 -庶民的生活-
ブログタイトルにあるイギリス・ロンドンの旅情報はもちろん、わたしの大好きポルトガル・ドイツの旅日記も。個人旅行やフリーが多いツアーでロンドンに行く人はぜひのぞいてみてください♪
→イギリス 時々 旅
わたしのなけなしの「イギリスってこんな感じ※例:紳士とかフィッシュ&チップスとか」のイメージを良い意味で破壊してくださったブログ。こちらを拝見すると、いかに日本の感覚のみで考えているかわかります。猫ちゃんもチェックポイント!
→My Life 山と海とたまに旅…。
国内登山と沖縄他、らくだ23さまの視点の綺麗な写真いっぱいの旅日記が楽しいです。 たまに混じる旅の理不尽とか…(笑)飛行機の機体、知識はなけれど、あの造形、わたしも実は大好きです。
→ルソイの半バックパッカー旅
海外旅行情報とともに国内のさりげない街歩きをとても楽しそうに書かれているカフカフカさまのブログ。特に「散歩」のお話は自分の街の魅力を再発見したくなりますよ。
→un_voyage♪♪
「パン屋さんになりたい!」と夢に向かって着実に努力し続けているun_voyageさまのブログ。美味しそうなパンのあれこれの料理ブログと思いきや、旅行情報もいっぱい。旅先のパン情報にそれそれ~!となる方も多いはず♪
→ふたりでふらり ゆるりとぐるり
ケンゾーさま&イクエさまご夫妻の世界一周ブログ。このブログを拝見すると世界のあちこちに行きたくなります!気の向くまま足の向くままの旅の楽しさがブログで味わえますよ♪
■ポルトガル旅行お役立ちサイト
→ようこそポルトガル
ポルトガル旅行前に、現地ツアーの見積もりや相談に乗っていただきました。 その節はお世話になりました。 長期滞在のホリデーアパートメントやプライベートツアー等の提供、チケット購入代行等もされています。 もちろんひとり旅に役立つ現地情報もいっぱいです。
→Ola! Portugal 与茂駄(よもだ)とれしゅ ~オラ!ポルトガルのブログ~
「レトロな旅時間ポルトガルへ」という本を出されている著者さまのブログその1。 日本ではあまりポルトガル情報がないので、旅行前後ものすごくお世話になりました。ポルトガル好きさんはぜひ!
→Bonito★ぽるとがる  -ポルトガルのカワイイコトー
「レトロな旅時間ポルトガルへ」の著者さまのブログ。ご夫婦でポルトガルスキーとは羨ましすぎます(笑) ポルトガル行く予定の可愛いもの好き女子も可愛いもの好きなオジサマも本必携・ブログ必見!
→Ola! Portugal
↑の2つのブログの本サイト。ポルトガル旅行に役立つ情報ももちろんですが( Portugal歩きまくり )、ポルトガル料理のレシピやコラムが大のお気に入り。ポルトガル料理はマイナーですけど、とても日本人の味覚にあうと個人的には思ってます。もっと有名になれ~!※念
→ポルトガル・リスボア物語
ポルトガル旅行に行く前に見つけたかったリスボン情報満載のYukoさまのブログ。ポルトガル・リスボンのバイシャ地区で『居酒屋KOME』をオープンされてます。リスボン滞在予定の方は要チェックですよー!
→居酒屋KOME
↑上記ブログ「ポルトガル・リスボア物語」のYukoさまのお店サイト。ポルトガル語表記ですが、お店ブログは日本語でも併記してありますからご安心を。リスボン滞在時、ポルトガル料理にちょっと疲れた時にいかがでしょう。
→カミーノ・デ・サンティアゴ☆星の巡礼~ My Camino
ポルトガル第二の都市ポルトからも日帰りで行けるスペインの巡礼地サンティアゴ・コンポステーラを含むカミーノ巡礼を綴られています。普段日本では馴染みのない巡礼の持ち物や情報なども書かれているので、興味のある人は貴重なブログです。
■台湾旅行お役立ちサイト
→台湾観光局
→台湾観光協会
→台北ナビ
→台湾21

→台湾のたびしおり
台湾女子旅するひとは必見。特に街歩き好きな人は要チェック。定番の観光地だけではなくて、かわいいお土産やカフェ等の紹介も。
→ココホレ台湾
台湾のおすすめ情報を個性的な視点で紹介されています。個人的に台南の情報要チェック。ガイドブックではいまだ取り上げられることの少ないところなので、有名どころ以外の紹介がおもしろいですよー
→ゲストハウス・プリ/Guest House Puliオーナーブログ
日月潭に近い台中にあるゲストハウスのオーナーさまのブログ。写真いっぱいで現地でお住まいになり仕事してる方ならではの視点での台中情報が必見です。
→ゲストハウス・プリ(埔里背包客之家):サイト
↑のブログの管理人さまが経営・運営されている台中の日本人オーナーゲストハウス。オプショナルツアーも個性的&価格も良心的。日月譚はじめ台中周辺の観光検討しているかたはのぞいてみては。
→台湾発!美味しい♪楽しい♪面白くてお得な生活日記
女性らしい細やかな視点でかかれたおしゃれ系台湾情報ブログかと思いきやB級グルメや当方好みのマニアックな観光スポットが紹介されていたりします。台北をフリーで回る女子に♪
■マカオ旅行お役立ちサイト
→§遠距離戀愛的澳門(マカオ)§
香港ではなくて断然マカオ派!な当方にはたまらない、なつかしいマカオ情報がいっぱいです。マカオ自体が東洋と西洋との入り混じった不思議なノスタルジックな街ですが、当方がなつかしいのは、数年前にマカオに行ったからです(笑)香港も好きですよ念の為。
■国内旅行お役立ちサイト
→帝都を歩く
自分の足で海外の歴史ある街を歩いていたら、逆に日本の街が気になります。こちらのサイトは東京や沖縄の明治~昭和の日本近代史期の建造物・史跡を中心に巡られてます。歴史好きさんの街歩きの友に。
→joumey
国内旅行を中心の旅日記徒然を多くの写真とともに綴られているtukimi-kaiさまのブログ。 特に東京の旅は、自国なのにまるで海外の街のようにあらためて魅力を再発見させてもらってます。メトロの1日乗車券かって1日東京散策したくなりますよ。
→もののふ紀行
「歴史の現場を、実際歩いて確かめる」 歴史スキーかつ旅人さんはきっと同じ思い!日本の城・史跡、博物館情報が豊富です。歴史好きな国内ひとり旅の人はぜひ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。